非女子だって出来ちゃう痩せるお茶DEダイエット♪その方法と効果って?

私が初めてプーアール茶を飲んだのは20代半ばのころでした。今のように様々なお茶があることではなく、飲んだことのあるお茶といえば緑茶・麦茶・ほうじ茶くらいだったような気がします。世の中がバブルになってきて、女性の間では東南アジアへ旅行することがだんだん人気になってきたころでした。

女子も大好き!プーアル茶でおいしくダイエット♪

会社の仲良しの同僚が女性のグループで台湾旅行に行くことになり、そのお土産に台湾のお茶を色々買ってきてくれました。会社の仲良しメンバーでそのお茶をもらったのですが、小さいお茶が色々あり目移りしてしまいました。中国茶なんてやっとウーロン茶やジャスミンティーを飲み始めただけのころ。それ以外の中国茶なんで、見たこともなければ聞いたこともありません。

友達も同じような状態なので、いつまでたってもお土産の選定が進みません。もうしょうがないからえいやっ!!!と選んだ中にプーアール茶がありました。初めて飲んだプーアール茶の感想は、なんじゃこりゃっでした。色も真っ黒で、まるで煎じた薬のような感じ。味もたとえようのない経験したことのない味でした。これはもう2度と飲まないかも、と思いましたがせっかく友人からもらったお土産です。

お土産の分だけは何とかなくしてしまおうと毎日会社でも飲むようにしていました。そうすると、不思議なことにたとえようのない味がウーロン茶等では物足りなくなってしまったのです。毎日毎日飲んでいるうちに苦手な味がなくてはならない味になってしまいました。まるでパクチーのような癖になる味です。今では自分でわざわざ購入してまで飲んでいるほどです。

しかも、まったく期待していなかったのですがプーアール茶を飲むようになってから、体重が少し減りました。お通じもよくなった気がします。元々油をすごく流してくれるお茶のようで、中華料理店ではおなじみのお茶のようです。だから非女子であってもダイエットに挑戦できますし、ダイエット効果等は全く期待してなくて飲み始めたお茶ですから、なおさら嬉しいです。

色々なダイエット茶から自分に合ったお茶を選ぼう♪

今では色々な市販のお茶があるので、試してはいますがプーアール茶をまったく飲まない日はないです。1日飲まないと何か忘れてしまったような気がします。女性のむくみ等にもとても効く気がします。立ち仕事をした日には寝る前に暖かいプーアール茶を必ず飲んでから休みます。気のせいかもしれないですが、翌日の足のむくみが軽いような気がします。これからも自分の大好きなお茶として日常的に飲み続けていきたいと思っています。今では、プーアール茶は私にとっては大好きでなくてはならないお茶です。

ダイエットプーアル茶は、中国雲南省原産の中国茶の一種で、日本でも400年以上も前から飲まれています。
名前の由来は、雲南省南部のプーアール県産のお茶ということで、ダイエットプーアル茶と呼ばれるようになったといわれています。
中国茶には、茶葉の発酵の度合いにより、緑茶、黄茶、白茶、青茶、紅茶、黒茶の6種類がありますが、

ダイエットプーアル茶は最も発酵度が高い黒茶に属します。
一般的にお茶は発酵度が高くなるほど、体に対する刺激は少なくなるといわれています。
黒茶は、茶葉を2回発酵させる「後発酵」という製法で作られているので、より刺激が少なく体に優しいお茶といえます。

ダイエットプーアル茶を入れるときには、小さめの急須を用意し、温めておきます。
大さじ1杯程度の茶葉を急須に入れ、熱湯をさっとかけてすぐにそのお湯を捨てます。
これは洗茶といい、茶葉のほこりを落としたり、茶葉の開きをよくするために行われます。
洗茶によってまろやかな味わいになるともいわれています。

次に、必要量の熱湯を注いだら、数十秒置いて最後の一滴までカップに注いでお召し上がりください。
ダイエットプーアル茶は抽出されやすいので、あまり時間を置いて蒸らす必要はありません。

ダイエットプーアル茶の独特な香りがどうしても苦手な方は、1~2煎目は飲まず、3煎目を飲むようにするとよいでしょう。

さて、ダイエットプーアル茶は、同じく中国から伝わってきたウーロン茶と同様に、美容や健康に効果が期待されるお茶として注目されています。
茶葉を発酵させる過程において没食子酸を生成するため、脂肪吸収を抑える働きがあるとして、ダイエットに効果的ともいわれています。

事実、ダイエットプーアル茶は痩せるお茶ランキングでも常に一位を獲得していますしその効果は立証されています。

・『食べてるけど太らないから手放せない』

仕事柄外食が多い私は食事中に飲んでおデブ予防。
食べてるはずなのに太りにくくなるのにはビックリ。
お通じ具合も良いので食べ過ぎてもお腹はいつもペタンコです。

・『リバウンド予防が抜群』

芸能人の飲み方をマネて半年で5kg痩せました。
通勤時、勤務中、帰宅時、サークルで小まめに飲み続けて運動はあまりせず。
内臓から来る肌荒れも起きなかったのでリピ確実です。
出典:痩せるお茶ランキング-お茶ダイエットで綺麗に痩せる!

このように、お茶ダイエットを実践して痩せる事が出来た方は非常に多く、その効果の良さも注目されているのです。

他には、ダイエットプーアル茶に豊富に含まれているポリフェノールには、胃腸の働きを良くし腸内環境を改善したり、血流を良くしてむくみを解消したり、アンチエイジングにも効果が期待できます。

このようにいいことずくめのダイエットプーアル茶ですが、数あるダイエットプーアル茶の効果のうち、特におすすめしたいのが、冷えの解消です。
冷えというのは、それ自体は病気ではありませんが、血流が悪くなって疲れやすくなったり、体の様々な機能を低下させます。
まさに冷えは万病の元なのです。

実は、温かい飲み物であっても、緑茶やコーヒーは体を冷やす飲み物なのですが、ダイエットプーアル茶のような発酵茶は体を温めてくれる飲み物なのです。
体が温まると基礎代謝も上がり、体の機能も改善します。

食事のお供やリラックスタイムには温かいダイエットプーアル茶を飲み、健康に過ごしたいものです。
ただし、カフェインが含まれていますので、妊婦さんや授乳中の方など注意が必要な場合があります。

ダイエット茶おすすめです!

本当のプーアール茶~ダイエット効果も美容効果も桁違い!?

私が約20年位前に販売の方に従事していた時のお話です。
年齢は50代位の女性のお客様よりクレームが入りまして
その内容は「私いつもプーアール茶を飲んでいるのですけれども、お宅のプーアール茶は
今まで飲んでいたプーアール茶よりもなんかカビ臭い味がするのですけれども、
賞味期限見てもまだ2年近くあるけれど、中のお茶は古い物なんじゃないの」
と言った内容のクレームでした。
当時新人だった私にもどういう事なのかよく分からず、とりあえずメーカー品の為
メーカーに問い合わせようと思いましたが、先に上司に伝えたところ
「あのね本物のプーアール茶というのは簡単に言うとウーロン茶よりも何年も寝かせた
お茶で経年熟成されてるものだからかび臭いとは違うと思うけれどもそれはちゃんとしているプーアール茶ということになるんだよ。」
との説明を受け、後日その事をお客様にお伝えしたところ、
大変喜んでご納得されまして
「それならたぶん今まで飲んでいたよそのプーアール茶がきっと違っていたんでしょうね、
これからもこのプーアール茶を買い続けますのでよろしくね!」
という事がありました。
よそのプーアール茶の茶葉を見たわけでは無いのでよくわかりませんが
たぶん熟成期間の違いで期間の浅い茶葉と期間の長いより熟成された茶葉との違いだったんだろうなと思い簡単にプーアール茶と言っても商品によってこれ程の違いがあるとは思いもよらなかった事を思い出します。
後で分かったことですがプーアール茶の製法には「生茶」と「熟茶」があり
「生茶」は残存酵素で発酵された茶葉で
「熟茶」は多湿状態に置きカビによって発酵させた茶葉
といった製法による違いもあるようです。
あの時のプーアール茶はどっちの製法で上司の言う「ちゃんとしたプーアール茶」
だったのかどうかは今になっては分かりませんが
本場の雲南省では「生茶」のほうが好まれているようです。
しかし大量生産する為には熟成期間の必要な「生茶」よりは量産し易い「熟茶」
のほうが輸出向きなのであの時のプーアール茶はたぶん「熟茶」だったと思います。
どちらもプーアール茶ではありますけれども製造方法や熟成期間の違い、もちろん茶葉の産地
や茶農家の木の育て方等の違いもありますが、消費者として本当に自分の好みのプーアール茶
を見つけ出すのは物凄く大変だと思います。
しかし自分の好みのプーアール茶が見つけられれば、その時の嬉しさはきっと素晴らしい喜びになると思います。ぜひ自分にとっての「本物のプーアール茶」を見つけて下さい

ウーロン茶より痩せるお茶?があるらしい

私が初めてプーアール茶を知ったのはウーロン茶の存在が定着し始めた頃でした。食べた油が流れる・芸能人が飲んで痩せた!等々な噂により爆発的な勢いで商品化された時期です。もちろんインターネットなど無い時代。人から人への口コミでは田舎に到達する頃には極端に偏った情報も多々ありました。私の地域でまかり通ってた噂は「日本で売ってるウーロン茶は本場の物とは違うからどんなに飲んでも痩せない」。油っこい物ばかり食べるのに太らないのは「現地の人が飲んでる本物のウーロン茶だから」。この「現地の本物のウーロン茶」こそがプーアル茶だと(まったく別物です)
田舎では缶入りウーロン茶すら売ってない・売っていても高い。噂が噂になり最終的には「一口飲めば1キロ痩せる」なんて話にもなっていました。
そんな「魔法のお茶プーアル」ですが私が初めて入手したのはお土産のお裾分けのさらにお裾分けです。この頃はウーロン茶の茶葉そのものが流通し始め自宅で楽しむ事も可能になっていたのですが全然まだファッション誌や芸能界の話。正直サン〇リーの缶の方が簡単で良いなんて気が。
そんな私はなぜかプーアル茶を「キクラゲ」だと信じていました(あんかけ中華に4枚入ってる黒いプリプリひらひらしたヤツ)。多分プーアルのアル部の漢字がキクラゲの「木耳」がピコーン!と脳内で合体したためと思われます。実際プーアルの茶葉の見た目は乾燥した木耳と被っていますし致し方無いでしょう。
さて人生初の「魔法のお茶」のプーアル。やっぱり刻んだ乾燥キクラゲです。最初のお湯はパッと捨てるとは知っていましたが勿体ないので飲みました。カビ臭いというか泥臭いというか…不味い。2煎目からは普通のウーロン茶?お裾分けなので痩せるまで検証できていません。一応お湯の色が透明になるまでガッツリ出しました。ビックリは出がらしが超デカ。緑茶の10倍はある。どんな技でこんなに小さく揉んだのでしょう。4千年の技?
ウーロンもプーアルも飲んでから運動の痩身効果は立証済。飲んだだけじゃ効果うすいです。飲んでから実働が噂通りの効果があります

頑固な便秘を解消してくれてしかも美味しいプ―アール茶!

プーアール茶を初めて飲んだのは、何十年も前の事ですが一口目は泥臭いような不思議な味でしたが、不思議とその味が癖になりそれからよく飲むようになりました。中国のお茶を飲む器は、日本の湯呑みと違いかなり小ぶりな器でした。

今回、プ―アール茶を飲んだ体験談と、そこから実感した効果について書いてみたいと思います。
私はもともと、すごく頑固な便秘に悩んでいました。一時期市販の強い便秘薬に頼ってしまっていたこともあるのですが、これではダメだと思い
お茶などの自然な食品で腸の調子を改善したいなと思っていました。一番初めに挑戦したのはウーロン茶です。ウーロン茶もとても腸内環境改善には効果的でした。
とてもおいしくて香ばしいものが多かったですし、すごく気に入っていました。けれども、半年くらい飲み続けたくらいかた徐々に効果が薄れてきて、お腹の調子も元に戻ってしまったように感じていました。そこで、次にためしたのがプ―アール茶です。インターネットなどではダイエット効果などが宣伝されていて、良さそうは良さそうだけど
ウーロン茶と同じで効果は一時的なものだろうと思ってトライしてみました。けれど期待は裏切られて、飲み始めて1年以上経った今でも効果は継続中です。
 効果自体はウーロン茶と同じで、便秘が解消されて腸の中がスッキリした感じがするというものですが、効果が薄まらないので飲み続けています。私は生理前後に体調がとても不安定になって、それとともに腸の調子も必ず乱れてしまっていたのですが、そのような乱れもプーアール茶を飲み始めてなくなりました。当初は、家に一日中いることが多い週末にまとめて飲むことが多かったのですが、効果を実感できるのがうれしいし、薬ではないという安心感があるので、今では朝淹れて水筒に入れて外出先でも飲むことが多いです。便秘が改善したからか、肌の調子も良くなってきたと感じています。
 ただ1点だけ気を付けているのは、プ―アール茶には主に中国産と国産がありますが、国産しか飲まないようにしていることです。中国産のものすべてが危険というわけではないとは思いますが、一応念のために買う時には国産のものを確認して買うようにしています。全般的にプ―アール茶を飲むことには、大きなメリットを感じています。ただ、これはプ―アール茶に限ったことではありませんが、ないと不安になってしまうという点は少し不便です。通販で買うことが多いのですが、たまに切れてしまうこともあります。近所にあるスーパーやドラッグストアは小規模なため、プ―アール茶を置いていないので、常に家にストックがあるか気になってしまってしょうがないです。私以外に家族では飲む人がいないので、自分で常に確保できるように気をつけています。もう少し一般的になって日本茶のように、小さなお店でも取り扱ってもらえるようになるともっと良いのになあと思っています。

プーアール茶を購入したきっかけはダイエット!

一時期からブームになった健康茶や美容に効くと言われているお茶類。毎日飲むもので美容と健康効果が期待できるのであればと爆発的人気が出た時期がありました。勿論一昔前だけでなく、今でも継続して摂取している方も多くいるようです。その中でもプーアール茶は飲みやすく、健康面でも勿論ですが美容に効果があると言われており今でも人気のお社であります。お茶ですので、ダイエット中の方には非常に適しておりますし、ノンカフェインでもあるので妊婦にも安心して摂取できるのも魅力です。健康面では腸内改善、メタボリック予防、冷え性を和らげる効果、免疫機能のアップ、二日酔いの解消などと幅広く、美容面では美肌効果が高く、アンチエイジング対策やシミの対策になるというのが有名な話です。さて市販でもプーアール茶をベースにした飲料が鵜られていますが、始めて購入したのはドラックストアやスーパーで販売されている煮出しタイプのもの。自分の好みに応じて濃さを調節できるので、暑い夏は冷やして、冬はホットで摂取をしています。濃い目が特に効き目がありそうなのでいつもそうしていました。気になる味ですが、まるで全くクセがなくウーロン茶や麦茶と同じような感覚です。口当たりがサッパリするような感覚があったので、食事と一緒でも違和感がありませんでした。特にお勧めなのが、お肉や中華料理などの油っぽいお料理と相性が良い感じがしました。ウーロン茶も良いですが、プーアール茶も新鮮だと感じお勧めでもあります。私の場合、毎日プーアール茶だと飽きることもあり、気が向いた時のみ摂取していました。特に継続していたわけではないので、健康やダイエット、美容面での効果はいまいちよく分かりませんが、体重に変化がなかったことは記憶しています。あくまでもお茶ですので、爆発的に変化が起こるという期待はしてはいけないものですが、きっと何かしらの健康効果などはあるのかもしれません。また、プーアールを飲むことで健康にもなれ美しくなれるというプラスの思考が本当に効果を発揮するのではないかとも感じられます。さて飲むだけと思っているプーアル茶ですが、出がらしにはまだまだ高い美容効果が凝縮されているようで、出がらしを利用して洗顔を行ったり、シミやシワなどの部分に直接こすりつけることで、シミが目立たなくなるという説もあるようです。プーアール茶は思ったより奥が深いお茶なのかもしれません。

毎日飲むなら健康にもダイエットにもなるダイエット茶

お茶が好きで毎日飲むわたしですが、毎日飲むなら健康にもダイエットにもなるお茶がいいと思い様々なお茶を試しました。飽きがこなくて毎日続けられそうなのはプーアル茶でした。飲んで一週間、初めに効果が出たのはお通じでした。腸内環境も良くしてくれるお茶なので毎日スッキリできるようになりました。その後効果としては化粧のノリが良くなったことです。老廃物を毎日しっかり出すことによって肌の良さも感じることができました。
飲み始めて2週間、ウエストが3センチ減りました。食生活をほとんど変えることもしてなかった割にはいい結果が出ました。それならと食生活を全て見直してジュース類、お菓子、油っぽい食べ物を一切禁止し野菜や食物繊維を多く取り入れた食事に変えてみました。喉が乾けばプーアル茶のみ、軽い運動もするようにした結果3週間目にして仕事で履いているスカートのウエストがサイズダウンしました。ワンサイズは確実に減りました。4週間後には体重は5キロ落ちました。顔のお肉もおちたように思います。食生活を変えてプーアル茶を飲み、軽い運動をしただけでダイエットもできて体も健康になり一石二鳥になりました。このまま続けたい気持ちは強いのですが、そろそろ油ものが恋しくなってきてしまいまいました。油ものが食べられないと食事が一定なものに限られてしまうため飽きてきてしまうのです。飲み物はお茶ばかり日々飲んでいたので飽きることはなかったのですがさすがに食べ物となると甘いものもほしくなってきてしまいました。この1ヶ月の努力をムダにもするのも惜しいいためなんとかこの欲求を満たすことができないかとネット等を駆使して何を食べればこれまでの苦労がムダにならずに済むかと調べました。そして間食したくなった時はこんにゃくゼリーかガムを噛んで気を紛らせました。油ものが食べたい時ははんぺんを油をしかずにフライパンで焼いてしょうゆをつけて食べました。あとはチヂミです。ほうれん草などをミックス粉に入れて少量のごま油をつけて食べました。これだけでも久しぶり過ぎてとても美味しく感じられました。ご飯やうどん、パンなど炭水化物は取りながらですが健康になりダイエットもできて面倒くさがりやなわたしでもうまくやっていいます。食べられるものを調べて作ってるのも楽しく感じられるようになりました。プーアル茶も体の中からきれいにしてくれて脂肪燃焼の助けもしてくれているので、このまま楽しく続けていきたいと思います。